◆ 経絡治療 ◆

○ 経絡治療とは?
 経絡治療は、この病気にはこの経穴をというような病名治療とは異なり望・聞・問・切の四診法によって病の本質としての証を導きだし、その証に従って気を調整する治療法、即ち随証療法です。その治療理念は「脉診・証・補瀉」という言葉に集約されています。 
 東洋医学において病気とは、身体の隅々を巡っている経絡(生命エネルギーの流れるルート)のアンバランスから起こると考えます。
 このアンバランスを鍼や灸を用いて調整し、生命エネルギーを五臓六腑に行き渡らせるように治療するのが、経絡治療です。
 経絡治療では、それぞれの症状に対して直接治療を行うのではなく、生命力を強化することにより、様々な症状を消失・和らげることができます。

 東洋医学には、「未病を治す」という考えがあります。病気にならない、なりにくい身体を作るためにも、定期的な治療をお薦めします。


○ 西洋医学と東洋医学

 どちらも病気を治すという目的では一致していますが、考え方は大きく違います。
 西洋医学(近代医学)では、細胞や組織、臓器ごとの異常を診断して病名を定め、これに基づいて治療が行われます。
 病院にかかればよくわかるとおり、まず検査をして病気の原因をさぐり、その原因を取り除く(主に薬、時に手術など)ことによって病気を治すものです。
 その結果、感染症にはすぐれた効果を表し、先端的な技術で致命的な病気も治療できるようになりました。
 しかし病院に行っていろいろ検査をしたけれど、データに異常な数値が出ない。これといった病名もつかず、お医者さんには「特に悪いところはありません」と言われ、仕方なく帰ってきた、なんて経験をされた方もいる事でしょう。
 逆にうんざりするほどの検査と薬の服用で「よけいに悪くなった」と感じる方もいるかもしれません。
 一方、東洋医学では身体は一つの小宇宙で、病気は全身のバランス(自然治癒力や免疫力)に乱れがあった時に起こると考え、それを正せば病気も治るという考えに立っています。
 この全身の不調和を整えるための治療法の判定に重きをおき、患者さんの個人差を重視して治療を行う、これを「随証治療」といいます。
  「証」とは、頭痛、下痢といった個々の症状を表す言葉ではなく、患者さんが現わす種々の症状を総合的に観察した上で、どんな治療をすれば治癒するかを診断するものです。例えば、肺虚肝実証、これは肺と脾経を補い、肝経を瀉すという治療になります。



 


秋山治療院
八王子市楢原町1817-2
042-624-6561